Architectural Design 近藤豊三郎

ごあいさつGreeting

日本の建築寿命は30年と短命です。
仮設住宅を除いた場合、世界中探しても30年で家を壊す建築など日本の住宅以外に存在しない異常な光景なのです。
さらに住宅の品質は最悪です。
化学物質で汚染された建築資材とそれらが発生源となった「シック(病気)ハウス(家)」
これらの建築は、住宅資材、施工体制の全てに多くの問題を含んでいます。
日本における悲惨な建築の現状を団塊世代は憂いでいるのです。

世界初!究極の自然住宅ストローベイル&ヘンプクリートHOUSE

日本唯一、近藤豊三郎が正しく継承しているヘンプロードビルド工法で他を寄せ付けない完璧な、ヘンプクリートと藁を生かした健康住宅のモデルハウスを兵庫県に作ります。

・モデルハウスは、基礎工事の段階から現場見学会を…
・サッシの取り付けも前代未聞、本気で100年200年をめざしている。
・断熱材ヘンプクリート、藁のコンビ…なぜ藁を、無農薬栽培の藁しか使えません、稲作の無農薬栽培の促進を考慮して。
・耐火ボード一切不使用。
・壁厚259mmを実現。
・壁は全て呼吸するヨーロッパ自然素材建築使用。
・壁天井全てエコボード15mm~20mmの上プラスタ~15mm。クレイタイル又はイギリスの壁紙を使用。
・外壁は35mm~40mmのプラスター及び土壁仕上げ。
・塗装は全てイギリスの土から作るクレイペイント。
・屋根は天然スレート、一部フランス瓦葺き。
・全てイギリス、フランスからの輸入建材に依る仕上げ。

ハウスメーカーの建築予算で受注の為、ウッドショック等、作られた相場操作の馬鹿騒ぎを避けて、粛々と開始しました。
その上、施主のO女史が家族と練り上げたプランに!近藤豊三郎渾身のデザインを付けて、完璧なスタイルで全国に向けて発表します。
此のコラボで多くの人材が育ってくれる事を念じ、英国此の国の全てを信じた、近藤豊三郎初めてのコラボ建築です。

自然住宅の追求

ヘンプクリートHOUSEは、日本の一大産業になる!

ヘンプクリートハウスを建てるには、材料となる「大麻の茎」が大量に必要になります。
大麻は、強い生命力があり、農薬も必要とせず短期間にぐんぐんと4メートル近く伸びながら「CO2」を吸い込みます。
刈り取られた後、ヘンプクリートになり住宅に使用されると、さらに「CO2」を吸い続け強固になり、数百年も持つ耐久性のある壁になります。
そのようなことから「ヘンプクリートハウス」は、カーボンニュートラルに適したエコ住宅となるため、時代求められる日本の一大産業となるのです。

ヘンプクリートハウスは、日本の一大産業になる図

施工行程

2022/11/25デザイン塾
帰国報告(ヘンプは日本を変えられるか?)
2022/11/13帰 国
大きな収穫を持ち帰りました。
2022/10/29渡 欧
ドイツ、イギリス、フランス
2022/10/25渡欧打合せ
近藤豊三郎 & 建築スタッフ
2022/09/30デザイン塾
ストローベイル & ヘンプクリートHOUSE発表
2022/08/19デザイン塾
ヘンプクリートHOUSEデザイン スライド発表